チチ松村さん(ゴンチチ)と共演

テレビ出演「ももち浜ストア」

2013.06.27 OA

門司港茶寮別館にて

ダルシマーCD

「イ・フォンド・キス」

ダルシマー&チェンバロ

 

「ハーツイーズ」

ダルシマー&チェンバロ

 

「ノスタルジア」

ダルシマー&ピアノ

*SOLD OUT*

ダルシマー教本

①入門編

平成23年11月01日発行

全19ページ

定価1000円(税込)

著者:稲岡大介/監修:小松崎健

協力:木南祐子/制作:W.S.E

②ソロ演奏に向けて

平成24年11月15日発行

全19ページ

定価1500円(税込)

著者:稲岡大介/制作:W.S.E

 

スポンサー

ハンマーダルシマーとは

ダルシマー

台形の木の箱に約70本の鉄の弦が張ってあり、木のバチ(ハンマー)で弦を叩いて音を出す楽器。

楽器が生まれた歴史はとても古く、約10世紀には中東辺りで演奏されていた説がある。

ダルシマーが時を経て、進化したものが今のピアノであり、よく「ピアノの先祖」と称される。ピアノと同じ「打弦楽器」に分類される。

 

世界中には台形の打弦楽器が数多くあり、中東辺りでは「サントゥール」。ドイツやスイスでは「ハックブレット」(まな板の上の肉屋さんと言う意味)。

中国・台湾等では「楊琴(ヤンチンまたはヨウキン)」。ハンガリー等では「ツィンバロン」が存在する。

日本にも1600年代に中国から伝わった歴史があり、その当時は「夜雨琴」(やうきん)と呼ばれていた。なんとも日本人らしい呼称に思える。しかし定着する事は無く、

残念ながら認知度の低い楽器である。

 

Dulcimer=Dolce」+「Melody」 (ラテン語ではdulcismelos)の合語であり「甘い音色」と訳される。

音色はとても美しいので、私はよく「癒しの打弦楽器」と表現してます。